シミができてしまうとどうしても目立ってしまい、隠さずにはいられないはず。また、シミが顔にポツポツと存在していると老けている印象を与えてしまうので、実年齢よりも高く見られてしまう可能性があります。

そんな厄介なシミですが、ここではシミができる原因と対策について紹介していきます。

シミができる原因

紫外線

シミができてしまう原因の多くが紫外線によるものです。紫外線にはA波とB波がありますが、B波はメラノサイトに刺激を与えるためメラニン色素の生成が促進されてしまいます。

ただ、メラニン色素ができても肌のターンオーバーが適正に保たれていれば、徐々にシミの部分の細胞ははがれて落ちていきます。

ですが、年齢を重ねるにつれて肌の細胞の働きが低下してくると、シミがはがれ落ちにくくなり、ずっと残ったままになりやすいのです。

シミ自体は肌に悪いものではない

メラニン色素は紫外線を吸収するために生成され、結果としてそれがシミとなるので肌に悪い影響を及ぼすものではないことは知っておきましょう。(肌に影響はなくても消してしまいたいですよね)

できてしまったシミへの対策

シミを薄くしていくためには、1.美白に効果的な食べ物の摂取、2.シミ消しクリームを使うの二点が大切です。

美白にいい成分:ビタミンCを摂取する

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれるのとできてしまったシミを取り除く働きがあるので、たくさん摂取しておきたい成分です。

摂取するときのポイントとして、ビタミンCは体からすぐに排出されやすいので、一日の内で数回に分けて摂取することで全身にめぐりやすくなります。

シミ消しクリーム:ハイドロキシン含有のクリームがおすすめ

ハイドロキシンはとても美白効果の高い成分で、ビタミンC同様にメラニンの生成を抑え、シミを薄くしてくれます。

ハイドロキシン入りのシミ消しクリームを使用する際の注意点としてはハイドロキシンは肌への刺激が強いということ。そのため、初めてシミ消しクリーム購入するときにはハイドロキシンの含有量があまり多くないものを選ぶのが大切です。

シミ消しクリームを選ぶ際におすすめのサイト

下記のサイトではシミ消しクリームを口コミ別に紹介しているので、実際にどういった方が利用されているのかが分かるので、購入する前の判断材料にするといいでしょう。

>>シミ消しクリーム口コミランキング